NEVER GIVE UP! 海外でパイロットへの道 IN NEW ZEALAND
 トップページ
 ご挨拶
 挫折の青春時代
 ニュージーランドでの訓練
 日本か海外か
 ニュージーランドで職探し
 ビザの問題
 ステップアップの話
 寅は死んで皮を残す
 NZ航空界大不況
 10年目で咲いた桜
 IAANZ最後の日
 念願のエアラインパイロット
 非常事態!JAL崩壊
 機長へのチャンス
 機長訓練
 機長業務開始


「パイロットになりたい」と日本を飛び出し10年目にして夢を掴んだ男の軌跡

 第10話 International AVIATION ACADEMY 最後の日



 最後に飛んだ学生は、私がリクルートした学生で、私は彼のPPLとCPLのステージ毎のチェックライドと双発計器飛行の担当教官をしていた。

PPLの頃は、決して操縦の上手な方ではなく、かなり苦労して飛んでいる印象だった。失敗したフライトを徹底的に分析し、後日必ず私に聞きにきていた。

そして、彼はチームワークプレイヤーで日本人・他国の生徒ともうまくコミュニケートしていた。

そして最後の双発計器飛行。

最初はあんなに苦労して飛んでいたのに、今日は良く整ったフライトをしていると感心しました。
彼の日ごろの努力の結果が、ちゃんと飛行に現れていました。

それから訓練を終え、日本へ帰った彼は、JAL系列航空会社のB制度を受け見事合格。

彼の合格は、自分の事の様に嬉しかった。
(これから訓練が始まり、FOとしてチェックアウトするまで気の抜けない日々が続くが、彼なら大丈夫だろう。)


彼は最初のコンタクトから入学するまでに約3年間を要した生徒だった。

最初、視力の事で悩んでおり、自分がパイロットになれるのかかなり心配していた。

あと、仕事を持っていたので、それを辞めてまでパイロットを目指しても、就職保証はないし、今の安定した仕事を辞めてまで、やるべきものなのか?・・・・・という考えも持っていた。

私には、彼の様に社会人が、会社を辞めてまで、夢を追いかけ、「本当にパイロットになれるのか?」という不安な気持ちを非常に良く理解出来る。

なぜなら自分も10年前は同じ気持ちだったからだ。

彼の様に社会人として一働きも二働きもしてきた人達に対し、私は「すぐに始めないと間に合いませんよ。」と無理強いはしない。

それは、社会人に対するリスペクトもあるし、彼らには彼らの事情がある事も理解できるし、自分の姿を重ねてみてしまう所があるからだ。

それでも私は一歩前へ踏み出した。そして10年やってきた。
その経験談をお話する事で、彼らの思っている不安が少しでも取り除けるなら・・・という思いからメール相談を行っている。

もちろん学生や親御さんからの問い合わせもあるが、私は特に社会人の方に頑張ってもらいたいと思っている。






さて、話を戻します。

IAANZでの最後の飛行が終わり、その日が金曜日ということもあって「今日は学校併設のバーで皆で飲むぞ!」と思い、わくわくしながら学校へ戻ったら、誰も居なかった。

「何だよ。俺の最後の日に誰も居ないなんて、何て薄情な奴らなんだ・・・・・」と寂しくしていたら、携帯に仲間のインストラクターから着信があり、「町に飲みに行こう」と言われた。

駐車場に行き、車に向かって歩いて行くと、私の車が変な光り方をしていた。

???と思い、車に近づくと、私の車がでっかいサランラップの様なものでぐるぐる巻きにされ、その上から、ピンクやら黄色やら黄緑色のスプレーで落書きがしてあった。

指定された店へ行くと、驚いたことに、そこにはそういう集まりには絶対参加しない2人のボスを始め、インストラクター全員が集まっていた。そうサプライズパーティだったのだ。

「Congratulations!今までよくやってくれた。有難う。乾杯!」
ボスの音頭で飲み会がスタート。

皆におめでとうのハグをされ、頭からビールをかぶせられたり、もみくちゃにされた。

最後に色紙とウイスキーをもらった。

こういう送別会をやってもらえる程、彼らに溶け込む事が出来た事は、私の人生の宝物になった。

パイロットになるのに10年。

周りより遥かに時間がかかってしまったが、無駄ではなったのではないだろうか?


終わりよければすべて良し。

今まであったいろんな嫌な出来事・辛い事が良い思い出になったと思う。

これから新しい環境になり、新たな挑戦・困難が待っているだろうが、諦めずに頑張ろうと思った。
そうIAANZで頑張ってきたように・・・・

                                            
次ページへ
inserted by FC2 system